新着情報

2024年1月22日 ミャンマーで4つ目の特定技能試験”建設”開始
2024年1月2日 ナオミ介護学校を立ち上げました
2023年12月26日 Kiraboshi社、送り出し機関ライセンスを取得しました(MMR000448)
2023年9月8日 ミャンマー入国マニュアル(コロナ海外保険&ミャンマー入国ビザ)
2023年7月18日 ミャンマー世界一の日本語学習国に
2023年6月1日 全寮制スクール開校しました
2023年2月18日 日本語能力試験(JLPT)受験者数の制限がなくなりました

日本の労働者不足を解決する × ミャンマーの貧困を解決する

日本は、外国人労働者に依存せざるを得ない、経済活動を維持するための厳しい現実に直面しています。

2024年現在、日本における外国人労働者の数は200万人を超え、30年後には1,000万人を超えると予測されています(野村総合研究所調べ)。日本の労働力の10%が外国人になる日は近づいています。

今後、成功を収める企業は、外国人労働者との一体感を持ち、事業を推進できる企業だけに限られるでしょう。

一方、ミャンマーには優秀な若い人材が豊富にいますが、適切な就職先がほとんどありません。ミャンマーの最低賃金(日給)は1.3USD(約186円)で、世界銀行が定義する貧困ライン1.9USDを大きく下回っています。

我々の目標は、優秀で意欲的なミャンマーの若者を育成し、日本へ送り込むことで、日本とミャンマーの両国における課題を同時に解決することです。

なぜミャンマーなのか?

国民の90%が敬虔な仏教徒であり、勤労意欲が非常に高いことが特徴です。また、礼儀を重んじ、年配者を尊敬するといった点で、日本人との価値観が類似しています。

さらに、識字率が高く、日本語習得が迅速であるなど、教育水準が高い優秀な若者が多いことも、ミャンマーの特徴の一つです。

・優秀な若者は多いが、仕事に就く機会が国内に少ない

ミャンマー国内の情勢が悪化する中、多くの外資系企業が撤退しました。これにより、元々限られていた雇用機会がさらに減少し、2021年以降に失業者が160万人以上増加したとの報告があります。

加えて、ミャンマーの通貨価値は大幅に暴落し、2021年以前と比較して半分以下の水準に下落しました。これが輸入依存のミャンマー経済に影響を及ぼし、物価は2倍以上に跳ね上がっています。その結果、優秀な若者が豊富にいるにもかかわらず、賃金水準は極めて低い状態が続いています。

ミャンマーの一人当たり年間GDPは東南アジア最低のUSD1,216(約16万円)

圧倒的な親日国であり、日本への憧れが強い
 現在、日本における技能実習生の最大の送出国はベトナムです。しかしながら、ベトナムでは日本への出稼ぎ人気が急速に低下しています。対照的に、ミャンマーでは日本が海外で働くための非常に人気のある目的地となっており、現在ミャンマーは世界で最も多くの日本語学習者を有する国です。この人気の背景には、歴史的、宗教的なつながりや国民性など、複数の要因が考えられます。

なぜ大樹日本語学校なのか?

・教育の範囲は日本語学習に限らず、日本のマナーや文化にも及びます。これらは日本人教師や日本での長期滞在経験を持つ教師によって、丁寧かつ確実に指導されます。

1 豊富な人材候補
・ミャンマー全国の日本語学校(主に地方)と提携し、常時3,000人程度の人材プールを確保しています
2 厳しいフィルタリング
・求人票を頂いた後に、地方の日本語学校で一次選考を実施、次に大樹日本語学校で二次選考を実施します。
・その後、採用予定人数の3倍まで絞り込み、組合様や企業様との三次選考に進みます
3 優れた教育カリキュラム
・面接合格後に全寮制の大樹日本語学校で、5-6ヶ月間(約900時間)徹底した日本語教育を実施します
・技能実習生はN3レベル、特定技能はN2レベルの日本語力まで引き上げてから出国することを目指します
・日本語学習のみならず職能別トレーニングを行います
4 日本出国後のサポートシステム
・出発前教育、ご家族との定期的な面談等により失踪防止に努めています
・日本支部(日本在留ミャンマー人)からもフォローし常時フォローし、ミャンマーの若者たちが心配事をせずに、仕事に集中できる環境をつくります

大樹日本語学校の使命

 

私たちの使命は、日本での仕事を通じて技術や知識を学び、家族を支えるための収入を得たいと願うミャンマーの若者を支援することです。

私たちは、ミャンマーの若者たちが最大限に能力を発揮できるような学習環境を提供し、数年間の日本での勤務を経て、彼らがミャンマーで学んだ技術や知識を活かせる体制を築きます。

この取り組みにより、ミャンマーの優秀な若者たちは、日本の深刻な労働力不足の解決に貢献し、結果として日本およびミャンマーの双方の国に利益をもたらします。


日本xミャンマーの友好を深めるためのYouTube活動

日本とミャンマーの友好が深まることを願い、日本とミャンマー向けにYouTube活動を行っております

<日本向けYouTube> 今朝のJ-DiP

<ミャンマー向けYouTube> J-DiP / Japan Dream Idol Project

会社概要

Address: No.74 E Aye Chan Thar Yar Street, Shwe Gone Daing, Bahan Township, Yangon, 11201
Phone: +95 925556 2071
Email: admin@zero2onemyanmar.com